忍者ブログ
since090330
[66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ネームを切ったら(時間的に余裕があれば)一週間寝かせろ」というのはある編集の人から言われたことなんですが
とりあえず間をあけて全編読み通してみました。俺メモ。


いやあ、わかりにくい(ぁ
ストーリーの骨子を原作ありきってことでカットしてて、登場キャラの所感だけで叙述してるあたりが。
話の中核になるvs咲夜さんってのをほぼ全く西行妖関連と関係無い人として置いたのが拍車かけてますね。「妖々夢」がなければ破綻してるんじゃないかと思います。

「冥界」「冥界の姫」「封印」「輪廻」「スペルカードルール(弾幕ごっこ)」「初代と二代目」「生命・生と死・老い・剣術は殺人術」「桜」「従者」「半人半霊」
まともにやると倍のページ数や筆力がいるなあと・・・もしくは取捨選択が足りない。
まあ、だから妖々夢は面白いんですけど。
時間ってタームを前に出してもよかったかも。

わりかしプロットを組んだらあとはキャラの感情のままにやっちゃう(各キャラ知ってること知らないこと、言いたくないことや欺瞞のうえで踊ってるので、しぜん読み手に壁を作りやすい)傾向があって今回も然り。自分の悪い癖だったりします。作り物としてまだまだ拙い。
ネームもまだ急ぎすぎ詰め込みすぎっぽく描写が足らんかったり。妖夢なんか主人公なんだからページ数にこだわらずもっと描きこんでもよかった。魅力的に。
妖夢はもっとこう・・・こうねえ、可愛いんだよ!(何が


そういうのを受けての「違う、違う、違う!」の台詞は個人的には気に入ってます。
たぶん力足らず筆足らずになるだろうけどとにかく、世界にゃなんだかよくわからんモノが色々あって、いい子の妖夢さんはどこまでいったらストレスでブチ切れるかというのが裏テーマでした。マジで。


妖々夢ネタ、それ以前に東方ネタという事でどうせ被りあんだろと思ってそれ込みで作ってますし、具体的には近しいネタほど見てません。(今回白髪同士が前後編で…というのがあって、びっくりした)
いやまあ漫画描くのから休憩で逃げてるところに、苦労を蒸し返されたくねー逃げさせて(;´д`)っていう作画側の都合なんですが。それ抜きでは面白いなあと思ってます。喉元過ぎればってやつですな。
あー刀とかアクションとか…100pとか描くの…メンドイよねえ…って共感は往々得難いものですので。
それぞれなりに楽しんでもらえればなーと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[01/08 手押し車]
[01/06 ふともも太郎]
[06/23 手押し車]
[06/16 電のこ]
[08/09 手押し車]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
宇場義行
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
アルコール度数37度の漫画描き。
秘封新作はまだかー。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]