忍者ブログ
since090330
[194]  [193]  [192]  [191]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大体ペン入れまではアナログで作ってまして、自然背景もほぼアナログになるのですが
自分の場合こだわりというより単に慣れというかまあ楽だからです
なんだかんだマンガの背景って鬼の"正確さ"よりも、質と量であと適当でいいみたいな。
で、そんな感じで今回はPCで二点透視の床描けまいかという話。


話それますがアナログ原稿だと、エセ三点透視図(正確なパースは二点で、三点目は目見当)・エセ二点透視図(パース一点で二点目適当)・エセ透視図(垂線多用で奥行き自体適当)
はけっこう使います。慣れてくると楽なのでおぬぬめ

一応こうなる予定





①まずcomicstudioで集中線取りました。
コミスタならもっといい二点透視の描き方もある気もしますが時間がなかったので。
太さ0.25、角度0.5。


②ほいでこいつをsaiに持ってきて、左右反転と消しゴムでそれっぽい透視図に。
(レイヤー数3、見かけ上薄くしてます)



③で、必要な線だけ残しました。ここで線消し過ぎたのがまずかった(ぉ
原稿に乗せてみるとこの時点で目が粗いことが発覚。大きさも足りず変形させる事に
そして更にヤツが来ます


絶                   絶

命                   体
メモリの無駄使い



ここまできて振り出しに戻ってたまるか、ということで
画面を削って、レイヤー複製・拡大縮小で線を倍に。

この時点で、見栄えの悪い縁部はトーン重ねてごまかすことにします


⑥なんとかかんとか。あとは4×4マスを基本に、原稿で使わない部分を消すだけです
ありがとう、ありがとう


この間何度もエラーログ出たりしこしこ元原稿の失敗線消したりしてますが割愛。
saiたんの貧弱さが一周回っていとおしくなるレベル。
反省として、たぶん最初の集中線の角度を細かくして、かつその時点でコマに合わせてカットするのがメモリにも優しい方法かもしれません。


紆余曲折ありましたが完成です
おめでとう!



なんの問題もない!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/08 手押し車]
[01/06 ふともも太郎]
[06/23 手押し車]
[06/16 電のこ]
[08/09 手押し車]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
宇場義行
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
アルコール度数37度の漫画描き。
秘封新作はまだかー。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]