忍者ブログ
since090330
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はいどーもお久し振りです、手押し車です
脱稿しましたよー
紅楼夢からこっち原稿原稿な日々を送ってて書く事いっぱいなはずなんですが、いかんせんどれも中途半端なので報告はおいおいに。

とりあえず冬コミは二日目東6ホール、チ29bにて参加決定です
新刊「whisper, and not(少女弾幕地獄5)」を持っていきます。
これはとら様メロン様にて委託も始まってます。あと既刊。

早めに言っておこうと思うのですがpixivにて少女弾幕地獄0をアップしました。
「スペカ弾幕雨ドロワ」「スペカ弾幕火事ドロワ」
についても手を加えてかなり近いうちにアップすると思います。
「妖怪の線と人間、そして」
以降のものについては全く未定。やると最後までやらねばならないので二の足を踏んでる状態。
また、第三者によるアップロードも認めていませんし、そもそも本をデジタル画面で鑑賞すること自体、窮余策っつー意味が大きいです。(デジタル想定で作ったものならいざ知らず、さあ…)

脱線しましたが総集編などということについても今は全く考えてません。いつもギリギリなので知らん。


さてまー次回はコレについてつっこんでいきますか
1215

キレイな顔してるだろ・・・
37ページ目なんだぜ、これ・・・


あとMDの取り込み終わりました。
PR
1019

画像は整理のね

はいどうも、紅楼夢乙でしたー ボケボケな手押し車ですこんばんは。
参加された方お疲れ様でした。前日雨で心配だったのですが呪い晴れでした、見事。
わざわざスペースまでお越しくださった方、スケブ描かせて頂いた方打ち上げ行かせて頂いた方本当~に有難うございました。
差し入れや頂いた本などもおいしくいただこうと思います。ほへ。


1019


今回もまあヒッドイスケジュールだったわけで何とか出せてよかったです
うーん多少、作画的な面や終盤もっとやれたなあ等と不満は残るのですがこれはこれ。全力は出したし。
(文字反転ネタバレ→)「咲夜さんを殺す!!!」てなテーマもあって(いや死なんけど)自分もギリギリで出したわけですが、そんなこんなで咲夜さんは前線から退場と相成ります。つーか主な理由として他を食っちゃうんですね。自分が描くと彼女万能キャラ過ぎくなる、斉藤みたいな(ぁ
あと副因で裏テーマの名残。関係の破壊と再構築。早苗さんはがんばってもらいたい
フェムトは凄さがもっと伝わる描写にしたかったなーと。次回以降でなんかしたいなー
あと彼女のアレなアレの元ネタはBRSでもメロでもヘレナでも綾波でも躯でも邪鬼眼でもなくかぐやinさやかです。(あ、でも絵的には躯か)

今回風呂敷をかなり広げたので、次回は多少クールダウンしたものになるかと。
冬コミあたりまでにできればいいなあ・・・!


で、ちょこちょこ方々で告げてるのですが、そろそろ1からストーリーを拾い読みし辛くなってきた感もあるのでpixivかどっかで少しずつ出そうかと思います。迫力とか捲った時のビックリ感は減るけども。
描き下ろしというか合間のエピソードなんかも交えたかったり。乞うご期待。
うまく予定回るといいなあ。

そんなんー
はいどーもこんばわー

紅楼夢ですがす-9a 音速うばぐるまにて参加いたします。
新刊「六分三十八秒」
とあと既刊いろいろですー
スケブはちょこちょこお受けしたいかと思いますー


いやほんと大変でした。
具体的には避けますが脱稿後禁煙しよう、と思い立つ位には大変。
スケジュールも異常。
それでいてある種「なんか盛り上がってるあのジャンルと今描いてるコレはまったく関係ない」とでも思わないとやれない部分もありますし、そのへんのあれやこれやはうまく原稿にぶち込められたかなあと(ぉ
とりまエンターテイメントに昇華はできているつもりなので安心してお楽しみくださいな。
ちょっとしたテンションだよ。


内容については、色々してますが全てネタフリに過ぎません。


とはいえ反省することもしきりで、ラスト近くのセリフ練りきれずわかり難かったりとか、最後のほうになるほど和月演出が目立っていくという、これはもうパクッてる訳でなく頭の中のイメージを改変する体力がなくなってだだもれになるから、と言い訳しときますごめんなさい。
まあ参照してるわけじゃない(そんな暇ない)ので具体的にどれがどれとは言えないのですがまあ、全体から臭うそーゆー味わいなどわかればニヤリとしてくださいな。

あと3ページほどどーしても間に合わなかったのですが、これはそのまま次に回すかと思います。


そんな感じ~
14日には出ます~
いざ神霊廟~
ひだまり6巻ネタバレあるよ
↓ ↓ ↓



ゆのにとって、ひだまり6巻にてひとつ大きな出来事があります。
文化祭ポスターコンペでゆのの絵が採用(!)
普段のゆの通常スペックがスペックなだけに一見主人公補正にも見えますがそこには栄光に至る要素が実にリアルな人間ドラマとして展開されていたのです!嘘じゃないよ!
今日はこの現代競争社会に役立つノウハウをゆのさまに学んでみたいと思いますいやむしろ教えてくださいゆのさま
さあ、これを読んであなたも株で大儲け栄光を掴んでみませんか?

0907

ゆのに学ぶ1・成功を信じよう

「3%の希望」というタイトルにもある通りポスターの採用枠は一枠。
にもかかわらず、凡人キャラ・小市民仕様のゆのにしては珍しく既に取った気でいます。ゆののくせに。やってもないのに妄想世界デビュー。英語も補習してペラペラなので言語的な不安はないようです。
信じる力は超能力とはよく言ったものですが成功した自分を思い描くこと、これは非常に大切です。
なぜならあとはその予定をこなすだけだから。結末に向かって最善・最短の行動が取れるという、神の予定調和。
これはもうなんとなくそうなる予定だと思ったからそうなのだ、としか言いようがありません。
ただ、特に前回文化祭以降ここ最近のゆのは開始前に寝不足だったり集合場所間違えたりしなくなって小さな成長は見られていました。比較的良い精神状態で制作に臨めるようになってきたこともひとつ理由として挙げられるかもしれません。いいかげん高ニだし
呪いおまじないの効果もあったのでしょうか。ともあれ、事にあたる最初にして最大の難関を突破。
口で言うのは非常に簡単なので、信じる、自己暗示、自分で口に出してみるのも良いかもしれません。ゆのさんは自転車に乗れるッ!
どうでもいいですが、こうなるとゆのさんはおまじないにハマリそうで心配です。

0907

ゆのに学ぶ2・求められるのは素直な発想

敏感なスイートハート~なモチーフの配置に迷ったり
自由課題で「自由な」課題に迷ったり
竹林でチクリンほかと遭遇してみたり、ゆのはいわゆる「書き出しに迷う子」としてよく明示されてます。そのぶんモチーフが決まった後の作業の手は速い(コラージュ制作等)ともいえますが。(唯一、カニチャーハン回でヒトデが多過ぎて時間食ってましたけど)
最初のつまづきを取り戻そうと焦って失敗、または最初で時間を食って時間切れ。やっつけ仕事になることも多くおざなりな制作になることもしばしば。
今回はこのパターンになりません。
「ひだまり祭…ひだまり祭」→「撮影で膝を壊ったなあ、劇で大脱出やったなあ」→「いろんな思い出を絵にしていくのは楽しいなあ折れた校長
おそろしく手がスムーズです。
この流れるような動きの型、ジャンプ漫画よろしく秘密特訓によって会得したと声を大に言えましょう。
夏休みの絵日記(夢日記含む)×1日1枚-2≒40回、おくゆかしき反復練習。
「思い出を絵にしていく」のはまんま絵日記的な発想です。
テクニカルな部分でないそこに楽しみを見出しかつ表現できるようになっているので、題材を描く側のエゴでこねくり回すことなく素直な発想で迷いなく出せる、ゆの先生一皮むけた感じがします。楽しいは安直になり難い。

なお、ひだまり祭での吉野屋先生完スルーは伝統芸。

0907

ゆのに学ぶ3・どうして絵を描く?…どうして絵を描く…

こうして外堀を埋めたところでダレてくるのが人情です。
理想を現実にするのはかく難しく、覆水盆に返らず光陰矢のごとし一寸先は闇、物理的・時間的・体力的に最後の一踏ん張りが利かないときがあるのもまた人生の悲喜劇。
「がんばって活きたパンチを描くか!?活きたパンチを担当に浴びせて失神させるか!?」とまでいかなくとも追い詰められた時、そこから逃げない理由があるのは大きいです。
もう去年みたいな思いはしたくない!
うむ、凛々しい。

前回文化祭での後悔は宣言通り、ゆのを大きくしてくれました――今回の大きな実のりへと結実する礎となったのです。そのぶん身長は2mm縮みました
これからも彼女は身長の伸びしろと引き換えに更なる栄光を掴んでいくことでしょう。この世は等価交換なのですから。


ぱぱらぱぱぱぱー
0907
              ハンズオブグローリー
ゆのに新能力・栄光の手がインストールされました。


0907<おまそう


番外・そのときの宮子
こと美術分野で、常にゆのの壁になるのが宮子(レベル5)ですが
今回なにしてたんというと3D作ってました(赤青メガネ付き)。ひだまり祭関係ないにも程がある。
宮子にとってはその時その時楽しく作れればよくてコンペとか忘れてたんでしょう。頑張らないし頑張れない、ある意味幸せある意味不幸せ。
殻を破る天才つーテーマも見てみたい気もしますがそうなってくると宮子、恐ろしい子…!になってしまうので、ひだまりとしてはこのまま天才キャラで行くんだろうなあ。
はいどうも、手押し車です
というわけでやっとこ更新です。


かなーり間が空いてしまいましたが、夏コミ参加された方、暑いなかお疲れさまでしたー
偽札騒動とか震災関連とかありつつもとりあえずコミケはコミケでしたね。
快くスペースを提供してくだすった佐伯さん、突撃させていただいたカズサさん、某さん有難うございました。いただいた本などほこほこ読んでおります。今回ペーパーのみでしたがスペースにお越しくだすった方々も多謝。
うーん、やっぱり新刊を携えて参加したいものです。次こそは。

0902
ペーパーはこんなん。なるほどわからん(

けど一冊読んだところで少女弾幕地獄がですね
大丈夫か?話ついてけるのか?てのが目下の不安材料でして。抜粋してもわけわかんえ( ゚□゚)
ある程度落ち着いたらはじめから上げてみようかなーとも考えております。レビュウ的に、年中に。
誰かに指摘された事もあるけど、とくに自分の描き方の場合だと、そのへん本で読むのとwebで読むのとで結構印象変わるしね。

ちゅうか番外的な話やりたいんですよ
・1の前にアリスがあったりするし(あとがきでの余裕の理由はここ)
・4で早苗(風)・フラ(爆弾)・妹紅(炎)の珍道中カットするし
・4のあとの美鈴・咲夜さんもカットしそうだしー。
何はなくともキャラが多すぎるので。

そんなこんなで来年にかけて基本、まず自分のに集中するかと思います。あとはそれ次第というか。
(小説とか挿絵ガッツリ描かせてもらうのもホント楽しいんですけども…)
その次に、カラー絵ももっと練習したいし、エロも描きたい(ぁ


世間じゃいろいろ変な話も聞きますけど知るかっつーかなんとかかんとか続きます
年後半はMANGA SICKな予定~


エ・・・MDの整理・・・(ぉ 


ナンバガも時代がかってきた今日この頃
サイトで部分部分あげてたのは小説絵だったりしまして
挿絵をかかせていただきましたのでした。


こんな感じ
0807

C80二日目、東タ02a『十六夜文庫』さま
「紅魔館クーデター作戦~総集編~」
策謀巡らし、妖精擁し、咲夜がレミリアに牙をむく!幻想クーデター物語!なんかまあ(半分近く自分の無茶振りで)相変わらずキャラいっぱい描きましたので、よろしかったらご覧になってみてください~


音速うばぐるまは同じく二日目、東タ05a『宇宙色の。』さまのところで売り子してます。ふわふわでほこほこだ!
当スペースにて既刊(「妖怪の線と~」は在庫不足のため除く)を置かせてもらえそうなので、入手しそびれがあればこの機会にどぞー。数はあまり多くないです。
なおお手伝い参加ですので、スケブはすいません今回は勘弁してください。


ほいでもって三日目、東テ15b『ピストルオペラ』さま発行のパライヴ本(18禁)にイラスト寄稿させていただきました~ うんKENZEN絵なんだすまない。
だがしかしこちら様のウエイトレスでイヴの破壊力をぜひ宜しくお願いします
あとサークル様ともども、パラサイトイヴをぜひ宜しくお願いします(ぁ



なんかまたあれば随時ー。
二次創作マンガの作り方・概要編です。
今回は「東方Project・一般向け」です。

まずゲームをします。

次に何を暴くかを決めます。マンガとは暴くものです。
なぜなら紙を「めくる」行為を受け手に強いる媒体だからです。
暴くものはスカートから本音・自己弁護・悪巧みから生活ストーキングまで様々です。
(スカートの中身すなわち暴かれる対象には不確定性原理が適用されます。
原理:白か水玉かはいてないかは観測者によって決定されるwikipedia

0805

何を暴くかに沿ってイベントを書きます。


0805

よくわからなくなってくるので時系列順にします。


0805

ネームを書きます。
このへんで話があさっての方向に向かっていくので、そういう方向にそらします。


0805

原稿を描きます。

ある程度完成ページが溜まったら、連絡してお金を払います。
ページが全て完成するかは神のみぞ知ります。

ね、簡単でしょ?


時節柄これによって何か正当化されるとも思いませんが、とりあえずこんなふうに作ってます。



<おまけ・成年向け編>
何を暴くかに沿ってイベントを書きます。

ある程度無視しつつ、そのとき暴きたいものをネームにします。

ある程度無視しつつ、そのとき暴きたいものを原稿にします。

※法的慣例的に、発行できない場合もあります。妥協点を探りましょう。
0728

一念発起してMD取り込みしてます。ラ行まで終わったけどオムニバス、ジャズとクラシックまだ奥の箱のこってるのぜ(_;- -)_
高校の頃は狂ったように音楽聴いてたけど、あの時代あの空気だったから、という理由も多分にあったんでしょう今考えると。
わかりやすかったよね色々。

勘のいい人は気付くでしょうがまだCDの山が残…(ぁ



例のアレは個人的には通常運行
(変わらないとは言わんが)基本サイトですし。

夏コミ関連はまとまり次第~
ティプトリーの「ヒューストン、ヒューストン、聞こえるか?」を再読してて気になったのですが
えーまあこの人の、というかこの時代のフェミ作風云々は他の人に任すとして叙述的な部分を。


↓以下ネタバレを含みつつ↓


「ということで、ぼくらは地球上で大丈夫やっていけるわけだ。問題はない。理屈からいえば、もう一度結婚し、家族を持つこともできる。生まれるのが娘だけにしても。」

X染色体が壊れてしまい人類皆不妊に陥った末、女ばかりになってしまった未来の地球(うらやましい)に漂着する男達の話の中での主人公のセリフなんですけど
息子も生まれるんじゃね?と思うんですよ。可能性として。

もう少し背景を説明すると
①疫病が流行って、人類全部のX染色体が壊れて、遺伝の際子に致死性を与える
②よって子供ができなくなる。のちできるようになるが、女しか生まれない
③トチ狂った男性諸君が戦争起こして人口激減させたあげく男全滅
④女達はクローン技術で生きながらえる
⑤そんななか、三人の男たちが漂着する

という世界なのですが、①をめっさ簡単に図で示すと

        X(壊)X(壊)女 ―― X(壊)Y男
                  ↓
           X(死)X  XY  XX  XY
           死亡  死亡  死亡  死亡

その後②、男性のX染色体に限っては再生産されるため修復され、その修復されたXはX(死)の持つ致死性を打ち消すらしく

        X(壊)X(壊)女 ―― XY男
                  ↓
            XX  XY  XX  XY
           生存  死亡  生存  死亡

となり、めでたく女しか生まれなくなるという筋で、上の主人公のセリフもこの図を踏まえたものです。
でも、そうなると現在地球には「X(壊)X(壊)」の世代と「XX」の世代がおり(おらずとも、主人公らが居るのでこれから作られうる)、このXXな第二世代と(疫病の影響を受けていない)主人公達とが交われば

             XX女 ―― XY男
                  ↓
            XX  XY  XX  XY
           生存  死亡  生存  生存

息子できるじゃん!!!
…とまあ、文中曖昧にぼかされている設定に対して眉唾な遺伝法則でもってマヤカシてるようなもんですが。屁理屈ですね。
が、ここで「息子が生まれる可能性を作者は容れたうえで、あえて無かった事にした」と考えてみます。


そもそも最初の世代の女性がクローン技術で生き長らえているのだから、当然男性もクローンで残ってていいわけで。
けど実際は戦争して全滅。徹頭徹尾争いをもたらすものとして男性は置かれています。
主人公もまた、仲間の男たちの争いに正当防衛という形で加担します。ある女性に「今見た闘いが最後なのかもしれない。」とまでバッサリやられます(苦笑)

「かりにリスクをおかして、ぼくらに同等の権利を与えたとしても、ぼくらに寄与できることがあるのか、だ」

女性たちの世界に対して主人公は自嘲気味に言い捨てます。背中がすすけてます(
もう女性達は、勝手に戦争やって死んだ男達なんて見限って新しい社会を作ってて(この女性社会の描写が面白い)、ホントに男が要らなくなってるんですね。
だから、このさき主人公に息子ができようができまいが、そこになんの意味もない。
ドントビー、仮定さえ無駄、情け無用の徹底排除で文字すら割かれない(ぁ
男の子が生まれたら忌み子として氷河の城から落とすんじゃなかろうかっていう気がします。

と、意図的に話に穴作ってるとしたら徹底振りが恐さ増し増しだよなー
と妄想をふくらませるのでした。


染色体モノとしては同じ本収録の「汝が半数染色体の心」もオススメ。
はいどうも手押し車です。

おおよそ夏用の寄稿ぶんを描き終えたり、まあお蔵入りのもありますが
あとは自分用のだけだ!
ペーパーでも作れたらなあと思います

今月中に原稿入ってゆるペースでできたらいいなあ・・・!いいなあ・・・!(ぁ

0718

魁皇引退乙でしたとか
沢田さんのご冥福をお祈りします。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/08 手押し車]
[01/06 ふともも太郎]
[06/23 手押し車]
[06/16 電のこ]
[08/09 手押し車]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
宇場義行
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
アルコール度数37度の漫画描き。
秘封新作はまだかー。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]