忍者ブログ
since090330
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在進行形で作ってるわけでなく、日記のネタになりそうだったので、まあ当時のことなどをつらつら書いてみようかと思います。一人言のノリで。まあ、日記だし。


もともと変身ポーズのアリスを落書きしたのが始まりでした。
でまあ、ツンデレ=仮面だっつうことにして、ライダー的な(特撮的な)ノリを挟みつつ東方全キャラ出してやると面白えなと。
(チルノのバカ話を作ったあとに、どうせなら次は全キャラってのがあった)

ネタ止まりで最初のつかみが欲しいなと思ったところに某桜井氏のゆかりん幼女ネタを拝見。
アリスが主人公なので主に3、4面キャラを目立たせたい、じゃあ5面~Exキャラを弱っちくして、逆に1、2面がラスボス並みに台頭、各話のボスにして、それを安定した力の3、4が討つ…ってところで、氏に断って幼ゆかりんを使わせて頂きました。可愛く描けなかったのが少し残念です(氏のゆかりんは凶器だった。現幻で見られると思います)。

とにかく「地位の逆転」っていう舞台設定が読み手に受け入れられるかどうかが肝だったので、とりあえず何も知らないアリスというところから話を開始させたような気がします。

ライダーもののバトル物となるとやっぱり主人公組がはっきり言って邪魔になってくるわけで、じゃあ一人はリタイヤ、もう一人は敵にしようと。
シャドームーンを出したかったんですよ(ぉ
じっさい、テレビマガジン買わなくなってから20年くらいライダー観てないけど、この王子だけはど~しても描きたかった。
そーいう部分が話作りの肝ですよね、とか言ってみる。
ホウキチャンバラができなかったのが心残りです。

結果的にはwin版での大妖精、リリー以外の全部描きました。後悔しました(ぁ
旧キャラは力及ばずギブアップ。みすちー、てゐなんかも結構微妙。(みすちーはチルノ話でもハブられてたので最近、カッコよく出しました)
プロットを組んだのがまだ風直後の頃だったので風以降のも出てきてませんね。話の時間軸も文~風のあいだになってます。


「東方」と「バトル」は、実の所かなり折り合いが悪いので、いちばん腐心してました。
とりあえず、僕がまがとろで試したのはこれだけで、成功か失敗かは正直よくわかりません。
この辺、妖夢本とかサナエさんでも試してみてたりしますね。人生試行錯誤。

まあ、東方らしくほのぼの話書きゃいいんですけど。


貼りはまがとろの横に描いた絵。
marisa
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
初めまして
いつも楽しませてもらっております。
影月さんの話が出たのでコメントせずにはいられず…

ブラックさんいいですよね。
まあ実は当時ガキだったんで話全然覚えてないんですけど(コラ
でもシャドームーンの格好良さだけは今でも忘れないですねえ。

話変わりますが、
東方って割と自由度高くて、何やってもそれなりにしっくり来ちゃうような気がするんですね、私的な感想としては。
(ただ、やっぱりキャラがあんな調子だとシリアスは大変そうだなあとは思います)
その自由奔放さが良いのではないかと。
私は好きです、まがとろさん。
ガチャPンとか特に(ぇー

長くなってしまって済みません。
これからもちょくちょく寄らせていただきますので、どうぞよろしく…

あ、サナエさんの続き楽しみにしてます!
電のこ 2009/04/26(Sun)10:53:28 編集
ギャー
文字色黒で送っちまった…

うー、ゴメンナサイ。
電のこ 2009/04/26(Sun)10:55:06 編集
はじめましてー
電のこさん>どうも手押し車です。
どこかのリンク先でおみかけしたような…?すいません、寝てない頭で勘弁してください。。

僕も昔みたきりですが、立ち姿も(記憶飛んでるとかって設定だった様な)武器もカッコよくて、やべえ剣つええ!黒勝てねえ!とか思ってた気がします。

東方話は、描きながらけっこう離れすぎないようにと思ってることが多いです。たぶん最終的に「ね、東方いいよね~」って言いたいのかなと。
なので主に二次でなく準拠でなく、東方「っぽい」部分で楽しんでますね。明らかなネタスペカとか(ぁ
まがとろはそんな、明らかに違うけど…あれ?って部分で楽しんでました。

シリアスとかほのぼのとか一元論で語るには東方はちょっと危険かな、と思ってます。
シリアスなりギャグなりほのぼのなり、話の系統を決める「脚本」ってのが実は原作には全く無いですから。

提示されてるのがほぼボケ倒す台詞ばかりなので確かにシリアスはやりにくいんですけど、それでさえ(意味を示唆する)描写が無い、だからどれでも自然になるっていう。基本宴会ENDですけど後日談ですしねえ。

ただ、作者が作品外でこう言ったからここはこう、と断じて疑わないのは、ちょっと行儀の悪い鑑賞方法かなと思ってます。


サナエさんは行き当たりばったりです(ぁ
ありがとうございます~
手押し車 2009/04/26(Sun)13:06:55 編集
色は、背景白にしようかなとかか考えてます。(ぉぃ
まぁ見る分には色同化してても見れるんで、いいかなと。
手押し車 2009/04/26(Sun)13:16:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[01/08 手押し車]
[01/06 ふともも太郎]
[06/23 手押し車]
[06/16 電のこ]
[08/09 手押し車]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
宇場義行
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
アルコール度数37度の漫画描き。
秘封新作はまだかー。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]